そも門真の大阪維新と共産党候補とは何者ぞ

門真市民の皆様、お久しぶりです。

門真市出身ジャーナリストの佐々木純一です。

色々な戸田ひさよし氏記載のHP情報、新聞、特に文献はジュンク堂書店秋田市岡山市福井市新潟市にある図書館、などに日参して研究と取材を繰り返したところ、

門真市共産党大阪維新の候補連中の、その異常性と反知性主義に筆者は閉口するばかりである。

議員に成りおおせば、金と権力と社会的地位が手に入り、ウハウハの人生設計が構築できるじゃん!

とでも言いたい程であろう。門真市議会には無能な議員が多すぎるのである。

現状大阪では、馬鹿でも議員に成れるのだから始末が悪すぎる

今回の門真市議会選挙でも、筆者から見れば、反知性主義の無能議員VS戸田ひさよし

という実態に見えてくる。

言い換えれば、

秋田県で一番の名門高校卒業後、大阪大学に現役合格した戸田ひさよし氏 

VS

ええ?そんな無名な高校を卒業後、三流以下のDQN大学へ、もしくはただのDQN

高校卒業?しただけの大阪維新と門真共産党議員候補?

 

とも思えてきて、ここまで門真の議員らが、無知蒙昧

(むちもうまい=知恵や学問がなく、愚かなさま。▽「無知」は知識がないこと。

何も知らないこと。「蒙昧」は物事の道理をよく知らない意。)

なのだから、いっその事、こんな変な議員が生息する門真市議会は廃止し、議員候補

には大学入試センター試験でも受けさせ、受かった者だけが政治をする方が良いのでは

とさえ思えてくる程である。

(お笑い100万票、女とイケメンと金の臭いに弱い大阪府民たちと他府県では思われている。)

以前、以下のタイトルで記事を号したが覚えて居られるだろうか?


『正義の味方、革新改革の旗手気取りの門真市共産党議員団よ! 
ほっかむりは止めろ! ~青木雄二先生があの世で号泣している!

トポス29億円デマ事件を奇貨として、あろう事か社会運動標榜偽装ヤクザ右翼

にまで相乗りし、加担した共産党門真市議員団の碑をつくり、その恥さらしな 馬鹿名を後世に残せ!

(奇貨 きか=利用すれば思わぬ利益を得られそうな事柄・機会。)』


門真市民に対して簡単に説明するまでも無く、まず維新について言える事は、

選挙なのに、候補者全員が訴える内容が「ワンフレーズだけ」なのである。 

 

これは本当に危険な事なのだが、大阪府知事選挙や大阪市長選挙でも同様であった。

「成長を止めるな」であった。 

これについて少し意見があり、門真市民らに「何を古臭い事をアンタ言うんや?」と

叱られるかもしれませんが、過去にナチス・ドイツヒトラー

 

市民と呼ばれる、その実の姿は大衆と言い、それは本当に愚かでどうしようも無い存在で、無学で無教養で知能の発達が遅れているのだから、難しい事を言っても理解出来ず、政治的に無関心で、日々の食事や晩酌の酒だけを心配するような家畜の豚同然の下等人間だから、ワンフレーズ、ワンイシュー(一つの事柄)だけを連呼し、その大衆の頭脳に刻み込むように繰り返せば、やがてはその馬鹿な大衆の頭の中にも浸透していくなどと、発言しており、現代の選挙でも、知らず知らずの内に使われがちな手法・戦術としては非常に古典的でオーソドックスな手法と言えるものである。

維新の掲げる主張を精査するまでも無く、その発言の数々にはエビデンスは無いも

のが多いが、門真市の維新候補は、まさにこれであり、「成長を止めるな」だけしか

言わない。

いったい何の成長か? 自身の身長とか体重の成長か? それとも学生らの学問や

スポーツの技量の成長か? さっぱり分からない、

「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」な

維新の主張なのである。 つまり証拠や実証性を無視した、反知性主義の維新の候補なのである。


選挙でとにかく俺たち維新の候補に入れろ。あとは俺たちがお前らのような、貧しくて家畜の汚いブタ同然の門真市民をしっかり管理してやるからと言わんばかりである。

これは冗談じゃない!でしょう。 門真市民は、もっと書店や図書館に行き、新聞や

機関誌を熟読し、研究すべきだ。さもないと権力に操られる門真市民に成り下がって

しまう。 

その後に、門真市民は権力をチェックし、門真市役所をチェックし、門真市議会を

チェックし、門真市長をチェックし、果ては戸田ひさよし氏をチェックすべきなの

である。

権力に操られ、選挙の時だけ都合の良いように利用されてはならない。